ファスティングって何?“消化”の重要性を徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

ファスティングって何?

ファスティングは、「断食」と訳されます。

そのように聞くと、厳しいイメージを思い浮かべますが、

最近のファスティングはこれまでの宗教的な

「断食」ではなく、何日もの間全く食事をしないわけでありません。

「デトックス」や「クレンズ」「プチ断食」とも言われる

現代のファスティングは、必要な栄養素を摂取しながらも、

以下の点に着目して体の不調を取り除こうとする、

スタイリッシュで先進的かつ、体本来の機能をしっかりと活用した

合理的な健康法の一つです。

 

①エネルギーを消耗する「消化」を一時、休止させ、

体内外の「酵素」の力を活用する

 

②「代謝」が行われやすい体を作る

 

③消化を休止させることにより「排泄」を促す

「食生活」を見直す

 

これら3つがファスティングを行う目的です。

 

今回は最も重要な「消化」について、お話していきます。

 

エネルギーを大量に消耗する「消化」を一時的に休止させる重要性

 

エネルギーを消費する行動として思い浮かべるのは、トレーニングやランニングなどの運動だと思います。

 

しかし、私たちが生活するうえで莫大なエネルギーを費やしているのは、

実は毎日の「食事・消化作業」です。

 

たとえば、30~49歳の女性の場合、1日に必要とされる推定エネルギー量は、1700~2300kcal(「日本人の食事摂取基準(2015 年版)」)とされています。

1700kcalというのは、毎日デスクワークを中心とするような行動が多い人の値ですが、この1700kcalのうちのおよそ60〜70%は、実は「消化」に使われているといわれています。

値にしておよそ1200kcalは消化に使われているのです。

フルマラソンに使われる平均的なエネルギーがおよそ1500kcalですので、

消化にはいかに多くのエネルギーが費やされているのかが分かります。

 

消化にエネルギーを費やす事はダイエットにはならない

 

「毎日何もしなくてもフルマラソンくらいのエネルギーを使っているという事は、食事するだけでカロリーを消費しているから、痩せるじゃないか!!」

と考える方が多いのですが、それは間違いです!

その理論が正しいとしたら、毎日消化に負担がかかる食事(ハイカロリーな食事)をしている人はみんな痩せているという事になりますが、そんな事はありませんよね。

消化にエネルギーを費やすことにより、私達の体を健康的に維持するために

本来必要である「代謝」や「排泄」といった行為に使える

エネルギーが失われてしまうのです。

 

消化にエネルギーを使いすぎた為に、本当に必要な細胞の入れ替えや不要物のデトックス、老廃物の排泄などが出来なくなってしまいます。

 

これにより、私達の体には入れ替えが出来なかった

古い細胞が日々少しずつ残る事となり、

排泄できなかった老廃物も蓄積されていきます。

老廃物は毎日生まれてきますから、1日排泄できないと

次の日も、その次の日も、毎日毎日少しずつ積み重なっていきます。。。

この小さな積み重ねがやがて数年後、数十年後には、

不調や病気の原因となることもあります。

 

消化に負担をかけずに必要な活動にエネルギーを!

 

こうした消化を、ファスティングを行い食事を制限することで

お休みさせれば、「代謝」や「排泄」にエネルギーを注ぐことが

できるようになります。

 

その結果、余分に溜め込まれていた脂肪などが代謝に用いられはじめ、

体に溜まっていた老廃物や不要物がどんどん体外に排出されていくのです。

 

いかがでしょうか?

 

実践方法や注意点は別の記事にて紹介していきます。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*