プロテインだけでは満足できない人向け!2つのおすすめサプリメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

以前に筋肉をつけるためのサプリメントとして、プロテインをご紹介しました。

体作りを始めたばかりであれば、それだけでも十分です。

しかしさらにその上を目指したい方は、別のサプリメントも検討してみるといいでしょう。

・今よりもさらにパフォーマンスを向上させたい
・体の変化が止まってしまった。伸び悩んでいる

こういった方におすすめのサプリメントを2つご紹介します。

グルタミン

まず1つめはグルタミンです。グルタミンは人体の中で最も多いアミノ酸です。

骨格筋にあるアミノ酸の60%はグルタミンでできています。つまり人には欠かすことのできない栄養素ということです。

そんなグルタミンですが、体づくりにおいて次のような効果があるとされています。

  • 疲労回復
  • 筋肉分解抑制
  • 免疫力向上

激しいトレーニングをした際のグルタミン消費量は、手術をした時と同じくらい消費します。体力は低下し、免疫力も落ちている状態です。

そんなフラフラな状態で生活していたら、体を壊してしまうでしょう。

病気になってトレーニングを休めば、あたりまえですが効果も上がりません。

さらに、グルタミンが枯渇している状態でトレーニングをすると、筋肉が分解(カタボリック作用)されてしまいます。

せっかく筋肉をつけようとトレーニングをしているのに、筋量が減ってしまうなんて、たまったもんじゃありませんよね!

ですからしっかりとグルタミンを補給して、筋肉の分解を防ぎましょう!

飲むタイミングは、起床後・トレーニング後・就寝前がおすすめです。

クレアチン

そして2つめはクレアチンです。クレアチンはプロテインなどと比べると、日本ではまだ認知度が低いサプリメントです。

しかし世界的に見ると、近年のオリンピックメダリストも使用している(75%が使用しているとされている)メジャーなサプリメントです。

トップアスリートも摂取するほどに重要なサプリメントということです。

わたしが初めてクレアチンを使用した時は、ウェイトトレーニングで扱える重量、そしてレップス(持ち上げられる回数)が急激に増えたのを覚えています。

全ての人がそうという訳ではないでしょうが、特に効果を実感しやすい種類のサプリメントだと思います。

飲むタイミングとしては、サイクル方がおすすめです。

1.ローディング期
筋肉中のクレアチン量を満タンにするための期間です。飲み始めから約5日間、通常量の4倍のクレアチンを飲みます。

この期間ローディング期と呼んでいます。

一般的には「5g×4回×5日」といった方法で行います。人によっては「2.5g×8回×5日」といった方法をとられる方もいます。

小分けにすることで吸収効率を上げられます。ご自身がやりやすい方を選んで頂ければ結構です。

2.メンテナンス期
一度筋肉に十分なクレアチンが補給されたら、あとは消費される分だけ少しずつ摂ればいいので、飲む量をぐっと減らします。

これをメンテナンス期と言います。ただ、減らすといっても毎日摂取はします。

クレアチンを飲む上での注意点

クレアチンを摂るうえで稀にお腹が緩くなってしまう人もいます。そういった方はできるだけ回数を分けて摂取するようにして下さい。

お腹が緩くなってしまう理由は、クレアチンで腸内の浸透圧が高まって下痢になってしまっているためです。

こうなると、クレアチンを体に十分吸収できません。

対応策としては小分けにすることです。2gのクレアチンを300mlの常温の水に溶かして、食後に飲むようにしましょう。

この方法で無理なく摂取すればお腹が緩くなることを軽減できます。毎食後に飲むようにすれば、一日6gのクレアチンをしっかり体内に取り込むことができます。

 

まとめ

トレーニングを効率よく行うためのサプリメントを2種類ご紹介しましたがいかがでしたか?

ただし、サプリメントはあくまで補助食品です!

基本となる食事をまずは整えることが先決です!

ぜひあなたのトレーニングに役立ててみてくださいね。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*