【忘年会シーズン到来】飲み会の多いこの時期に知っておきたいアルコールとの上手な付き合い方!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

今年も飲み会の季節がやってきた!

 

 

12月は忘年会など何かと飲む機会が増える時期…

 

楽しい時間を過ごせることはとてもいいことですが、

ダイエットに励んでいる方のとっては気持ちが複雑な時期かと思います。

 

また、飲み会が続くことで疲労がたまり体調を崩しやすい時期です。

今回はアルコールと疲労との関係について記事にまとめます。

 

アルコールと疲労の関係

 

 

近年の研究からもアルコールは、筋肉の修復や疲労回復を妨げることが 分かっています。

オーストラリアでは、運動後の過度の飲酒が 筋肉の修復と再構築における

タンパク質合成を妨げることを 実験によって確認しています。

 

せっかくトレーニングや運動をしても効率がわるくなってしまう訳ですね。。。

 

また日本の研究では、たとえ軽度のアルコール摂取であっても翌日は主観的に

感じる疲労度 および眠気が高まるということが分かっています。

 

ではなぜこのような結果が出るのでしょうか?

 

 

アルコールを飲むと、体内で「アセトアルデヒド」という物質になり

肝臓で酵素による分解が行われます。

 

注意したいのは、このアセトアルデヒドが人体にとっては 非常に危険な毒物だということです。

 

そのため、体はタンパク質や炭水化物など、他の栄養の消化を後回しにして

アセトアルデヒドを優先的に分解しようとします。

 

つまり、アルコールを飲むと

アセトアルデヒドの分解作業が最優先となり、 他の機能が疎かになります。

 

 

トレーニングで傷んだ筋肉や細胞の修復など疲労回復作業が 遅れてしまうわけですね。

 

 

飲酒量が多くなればなるほどアルコールの分解に時間がとられてしまうので、

どんどん疲労の回復に時間を割けなくなります。

 

 

このようにアルコールは、筋肉の修復や疲労回復を妨げるため、

体の疲れが取れない原因となります。

 

アルコール分解にかかる時間は?

 

WHO(世界保健機関)では、わかりやすく考えるために10gの純アルコールを

含む飲料を1ドリンクと定義しています。

 

主なお酒の1ドリンク相当量は以下の通りです。

 

 

・ビール 中びん1/2本

・日本酒 1/2合

・ウイスキー シングル1杯

 

血中からアルコールが消失するのにかかる時間

 

○ドリンク数の目安

・1ドリンク=ウイスキーシングル1杯

・2ドリンク=ビール中びん1本、日本酒1合

・3ドリンク=焼酎(度数25%)コップ1杯

 

※アルコールの処理能力は体質や体重、体調によって異なります。

同量のアルコールを飲んでも、体重の重い人、つまり血液が多い人

ほど血中アルコール濃度は 低くなります。

 

一般に体重60~70kgの人のアルコール処理能力は1時間あたり約5gといわれています。

ビール中びん1本、あるいはウイスキーダブル1杯、日本酒1合の

アルコール処理には約4時間かかる計算になります。

 

アルコールの代謝は個人差がありますので、それ以上の時間がかかる方もいます。

 

あくまで目安としてとらえてくださいね。

 

アルコールを飲む場合の対策

ではどんな対策ができるのか??

 

アルコールによるデメリットを抑えるには、次の二つの方法があります。

 

①トレーニングからアルコール摂取までに時間を置く

 

上述のようにアルコールは優先的に消化吸収が行われます。

そのため、飲酒前にタンパク質などの消化吸収がある 程度完了している状態を作ることが重要です。

消化にかかる時間例は以下の通りです。

 

肉は約6時間。

脂の多い肉は約8時間に時間を要します。

プロテインは粉末状で消化しやすい状態となっているため、

所要時間が短く、中でもホエイプロテインは 約2時間で

消化されるともいわれています。

 

ただこれは量や食べ合わせなどで個人差がありますので 参考としてご理解ください。

 

 

②アルコールの消化をサポートする酵素を摂る

 

アルコールは酵素により分解されます。

飲み会前に「ウコンの力」を飲む人が多いのは、その成分が酵素の働きを

サポートするとされているからです。

 

 

そしてもっと効果的なのは、アルコール分解を助ける酵素を直接摂取する

方法です。これによって、アルコールの分解が早く終わり疲労回復に

重要なタンパク質などの消化吸収をしっかり行えるようになります。

 

 まとめ

 

いかがでしたか?

上述している内容を理解したうえで、楽しくお酒と付き合ってみてくださいね。

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*